多様な薬と瓶

感染経路が多岐にわたる病気の1つにはヘルペスがありますが、この病気は症状がどこに発症したのかを考えると感染経路を特定することができます。いつの間にかヘルペスを発症していたとき、どこから感染したのか分からないと感じてしまう人が多いはずですが、発症した場所から感染経路を推測することが可能です。ヘルペスがどこからうつったのか特定したいと考えるのであれば、ヘルペスが発症する部位とその感染原因について学んでおくことが大切だと言えます。

ヘルペスは口の周りか性器に発症することが多いですが、口に感染したときには食器やタオルなどから感染していることが多いと言えます。特に性行為を行った覚えがないのに口に症状があらわれた場合は、感染者が利用したタオルや食器を共用してしまったことが原因である可能性が非常に高いです。ただし、口にヘルペスを発症している人とキスやオーラルセックスを行った場合はそういった行為によって感染していることもあるので、状況に応じてどちらから感染したか判断してください。

性器にヘルペスを発症した場合は、多くの場合はコンドームを使用せずに行ったセックスなどが原因だと言われています。ヘルペスウイルスは性器や直腸の粘膜や体液中に存在するので、これらに傷口や粘膜が触れてしまうとそこからウイルスが入り込んでしまう可能性があるでしょう。妊娠の心配がないときに避妊具を用いない人たちは多いですが、避妊具を使用せずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスを行うとヘルペスウイルスの侵入を許してしまい、病気を発症させることがあると知っておきましょう。タオルの共用などによっても感染することがありますが、基本的に性器に感染するときは性行為が原因であることが多いと言えます。

発症した部位によって感染経路を絞ることができるので、症状をみてどこに発症しているかで感染経路を推測することができるようにしておくと良いでしょう。この病気は性行為以外にもタオルなどのものを共用することでも感染するケースが多く報告されているので、あらゆる感染経路を知っておくことが大切だと言えます。気がついたときにはヘルペスによる赤いブツブツや水ぶくれが生じていたという人が多いですが、発症した後でも患部の位置から感染経路を特定することができるので、ウイルスにどこで感染したのか考えてみると良いでしょう。家族などの身近な人からうつった可能性があるのであれば、被害を拡大させないためにも対策を考えることが必要となります。