• ホーム
  • ヘルペスの症状別の治療薬を紹介!適切な種類の薬を選択しよう

ヘルペスの症状別の治療薬を紹介!適切な種類の薬を選択しよう

2020年04月14日
病原体

どの病気に対しても言えることですが、ある病気になったときに1つの治療薬しか存在していないということは少なく、いくつかの医薬品から適するものを選択して使用することが多いと言えます。ヘルペスについても同じことが言えるので、この病気に感染したときは皆が同じ薬を使用するのではなく、症状や状況に応じて適切な治療薬で処置を進めることになるはずです。特に自分で治療薬を購入する場合は、複数の治療薬が存在していることを知らなければ症状に適しているものを購入できない可能性があります。効果のある治療を行うためにも、適切なものが選択できるように治療薬の種類について理解を深めておきましょう。

ヘルペスウイルスに感染して症状が軽度の場合は軟膏の塗布で済むことがあるので、それほど重い症状に進行していないときは塗り薬で治すことができるはずです。塗布薬であれば1日に数回患部に塗るだけなので、とても簡単に使用することができますし、塗り薬なので副作用も少なくて安心だと言えます。ですが、ある程度症状が進行している場合は塗り薬で対処することができないので、内服薬を服用しなければなりません。内服薬にはいくつかの種類がありますが、いずれも病原ウイルスに効果のある抗ウイルス薬なので、効果的にヘルペスを治療することができます。

比較的軽い症状は軟膏、一般的なヘルペスや少し症状が進行しているヘルペスは内服薬で対処することができますが、更に症状が進行している場合は点滴が行われることもあるでしょう。抗ウイルス薬には点滴用のものも存在しているので、ひどい症状があらわれているときには病院に入院して点滴が必要になるケースもあります。ヘルペスの薬は通販などでも購入することができますが、症状がかなり進行して点滴が必要な場合は病院に行って治療を受けなければならないでしょう。

主に軟膏薬と内服薬、点滴の3種類のヘルペス治療薬がありますが、これらは症状の程度によってどれを選択するべきか変わってきます。軽い症状であれば自分で購入した治療薬を塗ったり飲んだりしてもヘルペスの症状を改善することができますが、症状が進行している場合はそのような治療法では治すことができない可能性が高いです。重い症状を引き起こしていると感じるのであれば自分で購入できる薬で対処するのではなく、病院に通って適切な治療を受けることができるようにしなければならないと言えるでしょう。